スタッフの声

たけうちさん

テイクの雰囲気はこちらエンゲージからも活用ください

https://en-gage.net/take-1_saiyo

わたしは主に雑務をしています。仕事面はまだまだこれからです

Q.どんな人が向いていますか?
大阪で施工管理をお探しになっているあなたが、どんなタイプであっても、あなたの得意とする面が「この人についていってもいいと」思っていただける事に繋がっていけば良いと思います。
人間が人力で形にするのが仕事ですから、忍耐力や精神力はもちろん無ければ続かないと思います。

わたし自身は、大阪のおばちゃんタイプです。朝の寝起きから、就寝時間までテンションは常に一定で陽気な方だと思っています。事務所で留守番していますと、電話や荷物の引き取りなど、人と接することが中心になっています。

Q.仕事でつらいこと、逆にやっててよかったなと思うことは?

このテイクで辛いと思っていることは多くはありません。

お互いに後回しにはしないで尋ねる姿勢を優先していけたらいいですね。わたしはそういった事を、逆にめげずにし続ける自分に「やってって良かった」と常に思いますし、あなたのちょっとした支えになれたらいいなと思っています

テイクの雰囲気はエンゲージからも伝えています

https://en-gage.net/take-1_saiyo

◇◇◇◇

現場と事務所、どちらもこなせないと成り立ちません。
正直申し上げて、一般的に施工管理は「キツイな~」と感じることが揃っているかもしれませんが、テイクの勤務体制は日中がメインですから、過酷な環境は解消していっています。
経験がものをいう仕事なので、続けていくことで将来的に大きな収入を得られるのがこの業種だと思います。

Q.今後の夢や目標は?
おかげ様で、施工管理 株式会社テイクは成長の過程を歩ませていただいております。
夢と言えば、株式会社 テイクのこれからを担ってくださる方をスタッフ一同心待ちにしているところです。テイクの後継者候補募集なのです!!
テイクは社会でどの様な存在であり、誰に価値を提供する役割を担うのかと考えた時に
掲げることは「Incuvation」、次世代の感動クリエーターを大切に育むことです。
高質化ONE TEAMに見えるその先、如何様にも風向きは変わるこれからのテイクが楽しみでなりません。

私自身の現状は、業務のひとつひとつがちゃんと出来ているのか不安ばかりです
目下、その不安を一つずつ「出来る自信」に変換していくことにしています。
私生活と仕事、たくさんしてきた失敗も含め、どんな体験も自分にとっては原動力他なりません
会社と共に自分の為になればいいなと志しています。

湯川さん

Q.どんな人が向いていますか?
ほとんどの仕事でコミュニケーション能力は必要でしょう、この仕事も営業的なことから
年齢の幅広い協力業者の職人さんへの打合せや指示と直接話をして進める必要がありますので、
もう一つ私が思うには、こだわりを持てることも必要かと思います。

Q.仕事でつらいこと、逆にやっててよかったなと思うことは?
どうしても夜勤(夜間工事)が年齢的にも体力的にもきついです。
(若い時には3徹(3日連続24時間勤務(笑))
良かっところは、なんといっても達成感です。何もない空間を二次元の図面を元に
自分の頭の中にバーチャルに再現し各種工事を自分で指示を行い日々の工事で
実態のある形に作り上げ最終的にデザイナー、設計者やお客様からの感謝をいただいた時の達成感です。

Q.今後の夢や目標は?
宇宙ステーション内の店舗(笑)
自分のスキルを後輩へ、育成・伝達することですかね。

代表取締役社長

株式会社テイクは、店舗屋ですが夜の勤務が少ない会社です。施工管理者を続けていけない理由に挙がるひとつに「自分の時間がとれない」「家族、友達と予定があわない」など言われますが、テイクではあなた自身の時間をしっかり確保していただけると思います。

Q,どんな人に向いていますか?
人を束ね、同じ目標に向かい仕事を進めるのが私たちの仕事 施工管理なので、
コミュニケーション能力やリーダーシップ能力は重要な要素だと思います。

また、別注制作が多いので現場作業を如何に少なくしスムーズに進行させるかが肝要です。
その為には製作段階での作り方や下準備が大事になり、柔軟な感性が必要だと思います。

Q,仕事でつらいこと、逆にやっててよかったなと思う事は?
辛い事としては、店舗工事はどうしても、施主様が一日でも早くOPENしたいとの思いがあり、
工期が短く過密となります。その為、引き渡し前になると超ハードで3徹は当たり前に以前はありましたが、 今はそこまでの工程は無いのでご安心ください! また、店舗の現場監督は一人でこなしていくので、
決まった工期内で完了させるには大きなプレッシャーが掛かります。

良かったことと言えば、上記のようなプレッシャーやハードなスケジュールにも耐え抜き、
完成までやり遂げた達成感。
また、いろんな知恵を絞って新たな作り方を考えたり、作業順序を考えたりするのですが、
それが上手く行った時は嬉しいものです。
そうやって完了した物件をお客様に喜んで貰えた時は嬉しさもひとしおです。

Q,今後の夢や目標は?
従業員を増やし、私達の知恵や知識を次の世代の人に繋げていければと思っています。
また、薄利多売で多くの物件をこなし利益を得るのではなく、一つの物件をしっかり作り込み、
知恵を生かしてロスを少なくし利益を生む。そんな店舗屋でありたいと思っています。
また、建築経験のある人材を集い、小規模物件なら建物まで工事一式が出来ればと思っています。
これからも私自身が進化し続け、そしてテイクの従業員にとってより良い会社になるよう
株式会社テイクは歩んでいきます。

テイクの雰囲気はエンゲージでもお伝えしています

https://en-gage.net/take-1_saiyo